arrow calendar cartcheck checkmark close configure contact danger download external_link facebook globeinfo instagram linkedin logo_claim logout mail menuminus navigation pin play plus rss searchshaft success twitteruserwarning wechat x-twitterxing youku youtube zoom
国の選択を変更して、お住まいの地域に関連する製品、サービス、および担当者に関する情報を表示します。
自動化技術 7月 2023

他に類を見ないイノベーションをライブで体験

2023年9月18日から23日まで、世界を舞台に活躍する製造業が生産技術の世界的な見本市「EMO」に集結します。SCHUNK は、工作機械のあらゆる側面を全方位から対応するポートフォリオをハノーバーに持参します。その焦点は、より持続可能な生産、接続性、e-モビリティです。
用途に関するイメージ –  iTENDO² スマートツールホルダーiTENDO2は、工具から直接リアルタイムデータを提供し、早期に摩耗を検出します。「簡単な接続」と「簡単なモニター」により、SCHUNK は新たに 2 つの強化されたデジタル化ステージを提供します。

現在、工業生産の世界は急速かつ大きな変化を遂げようとしています。より高い効率性、より高い柔軟性、より良い品質、より高い精度への需要は、あらゆる製造企業にとっての課題であると同時に、技術開発の原動力でもあります。「製造業を革新する」をモットーとして、EMO では現在および将来にわたる喫緊の課題に対する解決策を紹介します。SCHUNKは、デジタルトランスフォーメーションを実現し、持続可能な生産という目標に近づくための包括的なソリューションと数々のイノベーションを紹介します。

ハンドリングとワークのクランプにおける持続可能な原則

省エネ・省資源プロセスは、持続可能な生産の前提条件です。ここで重要なのは消費を抑えることです。EMO 見本市の来場者は、SCHUNK のグリップ技術(ADHESO)による高精度部品のエネルギーフリーグリップを体験し、外部からのエネルギー供給なしで、残留物がなく、資源にやさしい部品ハンドリングがどのように実現できるかをご自身の目で確かめることができます。ADHESO は自然な接着力を利用して、バッテリーや燃料電池の製造、医療、製薬、電気産業などの用途で繊細な部品を扱っています。

ジョークイックチェンジチャック ROTA THW3 のような先進世代の最新旋盤用チャックも、持続可能性の原則に従っています。旋盤用チャックは、その優れた柔軟性と機能性に加え、特許取得済みのシーリングにより、同種の製品に比べメンテナンス間隔が最大20倍長くなっています。その結果、潤滑油の消費量は最大20分の1になり、冷却材の交換頻度も減ります。環境に優しいだけでなく、新たな応用分野も開拓できるのです。クイックジョーチェンジシステムにより、チャックはクランプ作業の変更に瞬時に対応できます。

アプリケーション例 – ROTA THW3 柔軟性に優れたクイックチェンジジョーチャック ROTA THW3 は、特許取得済みのシーリングにより、同種の製品と比べてメンテナンス間隔が最大 20 倍長くなっています。

部品に至るまでデジタルネットワーク化

ネットワーク化された生産は、すでに小規模の部品から始まっています。スマート製造部品は、効率的かつ持続可能で、透明性の高いプロセスに大きく貢献します。SCHUNK はハノーバーで、さまざまなアクチュエータとセンサークランプシステムのデモを行います。革新的なピエゾ油圧駆動と完全に統合されたセンサー技術を備えた電気機械式クイックチェンジ・パレットモジュール NSE3-PH 138 IOL は、絶対的な目玉のひとつです。クランピングモジュールは IO-Link 経由で制御され、同等の空圧クランピングモジュールと同じ寸法で、高いプルダウン力を発揮します。内蔵電子回路が、クランピングスライドの位置やパレットの有無といったさまざまなクランプ状態を、干渉する輪郭を追加することなく検出します。

もうひとつの見本市の目玉は、iTENDO²スマート油圧拡張ツールホルダーです。工具から直接リアルタイムデータを提供し、早い段階で摩耗を検出します。加工工程の信頼性に加え、インテリジェントなツールホルダーは、工具の長寿命化と廃棄物の低減を実現します。「簡単な接続」と「簡単なモニター」により、SCHUNK は新たに 2 つの強化されたデジタル化ステージを提供します。拡張パッケージiTENDO² easy connect は、機械と既存のプロセスモニタシステムとの簡単な接続を可能にします。iTENDO² easy monitor により、機械オペレータはプロセスモニタの導入がスムーズにできるようになります。

容易な構成

SCHUNKは昨年、新しい構成可能な製品シリーズで、用途に応じたソリューションを迅速に提供する方法を発表しています。SCHUNK の電動・空圧グリッパー、グリッパーフィンガー、クランピングジョーは、ブラウザベースのSCHUNKウェブツール(無料)を使って、特定の用途に適合可能です。SCHUNKは EMO にて、easyToolholder を紹介します。これは、ツールホルダーを個別に設計するための製品構成です。斬新なデジタルツールにより、標準ツールホルダーは、寸法、クランプ径、インターフェース、チップ内径を必要に応じて変更し、わずか数クリックで用途に最適になるよう構成できます。それぞれの 3D データは、リアルタイムで広範なフォーマットでダウンロードでき、機械シミュレーションでバーチャルにテストできます。SCHUNK はこれを使用して、システムプランニングの複雑さを軽減し、幅広い用途に合わせたソリューションを提供します。

アプリケーションイメージ - MPG-plus/PGN-plus-P すべてを1社で:SCHUNKは、自社の広範な応用ノウハウと幅広い製品構成により、電動モビリティの課題に適したコンセプトの設計を行っています。

新産業向けの全方向ポートフォリオ

自動化プロセスの重要性はますます増しています。これには多くの理由があるため、遅かれ早かれ、企業はこの傾向を受け入れざるを得ないでしょう。TANDEM3- クランピングブロック用の新しいクイックジョーチェンジシステムBWA で、SCHUNKはまさにこの問題に取り組んでいます。これにより、2爪または3爪クランピングブロックの把持爪を手動またはロボットを使って短時間で自動交換することができ、新しい把持作業に工具なしで対応できます。

新しいSCHUNKのアダプタージョー により、他社製バイスにもSCHUNKの豊富なクランプジョープログラムをご利用いただけるようになりました。これまでは、インターフェースがメーカーに依存していたため、利用可能なトップジョーのポートフォリオは、それぞれのバイスメーカーに限られていました。SCHUNK のアダプタージョーにより、他社製バイスと SCHUNK および Gressel のトップジョーとの互換性が向上しました。

EMO の来場者は、ツールホルダー技術や自動パレットローディングの新たな機能追加など、さらなる革新に期待できます。

SCHUNK、EMOのホール3 I ブースI20に出展

プレス・リリースをダウンロード

プレス・リリース 5 MB ZIP ダウンロード