arrow calendar cartcheck checkmark close configure contact danger download external_link facebook globeinfo instagram linkedin logo_claim logout mail menuminus navigation pin play plus rss searchshaft success twitteruserwarning wechat x-twitterxing youku youtube zoom
国の選択を変更して、お住まいの地域に関連する製品、サービス、および担当者に関する情報を表示します。
企業 11月 2023

未来は開かれている、そして良いものになるでしょう!

オラフ・ショルツ連邦共和国首相は、この機会に、計画中のプロジェクト「イノベーションパーク人工知能(Ipai)」について詳しく説明しました。同首相はディーター・シュワルツ財団から招聘された際、2023年11月12日(日)にこの先駆的な応用人工知能(AI)プロジェクトについて説明しました。
オラフ・ショルツ連邦首相、Ipaiにて オラフ・ショルツ連邦首相は、ディーター・シュワルツ財団の教育キャンパスを訪問した際、イノベーションパーク人工知能(Ipai)を賞賛しました。出席者:ショルツ首相に加え、Reinhold Geilsdörfer(ディーター・シュワルツ財団専務理事)(右)、Silke Lohmiller(ディーター・シュワルツ財団専務理事)左)、Harry Mergel(ハイルブロン市長)(左から2人目)、Gerd Chrzanowski(シュワルツグループのゼネラルパートナー)(左から3人目)、Kristina Schunk(SCHUNK SE & Co. KGの CEO)(右端)
画像:連邦政府/Marijan Murat

「シュワルツ財団による非常に強力な民間主導のおかげで、このようなことが起こっていることに、私は非常に感銘を受けています」と、オラフ・ショルツ首相はハイルブロンで語りました。ドイツ連邦首相は、企業の創意工夫や研究者の技能を結集することにより、このイニシアチブがいかに積極的な発展に貢献するかを知りました。特に、AIはドイツの将来にとって重要なテーマであり、他国から輸入する必要はない。「いえ、自社技術を用いて世界を舞台にした競争に遅れをとらないようにすることができるのです。これはまた、我々の技術的主権を強化するものでもある」とオラフ・ショルツ氏は述べました。「そのため、未来は間違いなく開かれているし、非常に良いものになる可能性もあります。それに、ここがその舞台となる場所なのです。」

未来のパイオニアたちがハイルブロンに集結。

ディーター・シュヴァルツ財団を主宰するシルケ・ローミラーとレインホルト・ガイルスドルファー教授は、このイベントで、企業、新興企業、協会、研究者、大学など、未来のパイオニアたちがここハイルブロンに集結したことを明らかにしました。両名はそれぞれのリソースと専門知識を結集し、キーテクノロジーであるAIを用いて将来の課題を解決します。SCHUNKは設立当初から、ハイルブロンにあるIpaiイノベーション・エコシステムの戦略的パートナーとして技術と人材を惹きつけてきました。

Kristina I. Schunk「AIは強力なネットワークの中でしか機能しない」

その他の参加者:Gerd Chrzanowski(シュワルツグループ会長)、Rolf Schumann(シュワルツ・デジッツ社CEO)、Moritz Gräter(IpaiのCEO)、Harry Mergel(ハイルブロン市長)、Jonas Andrulis(アレフ・アルファ社創業者兼CEO)、Bettina Volkens(great2know社共同創業者兼CEO)、John Holzhauer(セモライ社創業者兼CEO)、Kristina I. Schunk(SCHUNK社CEO)「AIは、当社や他のドイツやヨーロッパの企業が競争力を維持し、将来への準備に役立ちます」とKristina I. Schunk氏は強調しました。「これは、強力なネットワークと価値ある協力関係があって初めて機能するものです。そこでスキルや経験が交換されるだけでなく、新しい製品やサービス、ビジネスモデルが生み出されるのです」とSCHUNK CEOは指摘する。「AIは論理的で、さらなるイノベーションのステップへの扉となります。ツール把持、ワーク把持、把持技術、自動化技術などのハードウェアと組み合わせることで、製品とサービスはよりインテリジェントになります。これにより、お客様の複雑な要求をさらにうまく解決できるようになります」。

AIへの信頼を幅広く強化

Ipaiの中核的な理念は、社会のために信頼性の高いAIのイノベーション・プラットフォームを構築することです。なぜかというと、AIにはまだ多くの疑義や懸念があるからです。このことは、政治、経済、社会の各界を代表する専門家によるディスカッションでも強調されていました。この場では、AIのさまざまな側面、課題と可能性が強調されました。中小企業にとっての利点、研修、熟練労働者の採用、研究の拡大、AI人材の昇進は、サイバーセキュリティ、規制、ガバナンス、欧州および国際比較におけるドイツのAIエコシステムと同様に話題となりました。
2024年からは、ハイルブロンにあるフューチャーパーク「Wohlgelegen」の現在地のすぐ近くに、初のIapi専用ビジターセンターも建設され、そこでAIを体験し、わかりやすく紹介することができます。2026年末までには、市北部の「Steinäcker」地区にあるAI地域の最終的な場所に、完全なインフラが整うはずだ。