先駆と完璧の精神をもって、私たちは、世界標準となる製品を生み出しています。

ラウフェン・アム・ネッカーの SCHUNK GmbH & Co. KG はドイツの家族経営のグローバル企業です。1945年に、Friedrich Schunk によって機械工場として設立された当社は、Heinz-Dieter Schunk のリーダーシップの下で、優れたグリッピングシステムとクランピング技術を持つ、世界市場のリーダーへと発展しました。今日では、三世代目となるヘンリック・A・シュンクとクリスティーナ・I・シュンク兄姉が経営者として事業を展開しています。

3,500 名の従業員が、9 ヶ所の工場と 34 の直接子会社で働き、世界中で 50 ヵ国以上に販売パートナーを有する私たちは、市場で極めて高い存在感を持っています。11,000 点の標準部品を擁する SCHUNK は、単一の供給元によるクランピング技術で、世界で最大の製品群を提供しています。2,550 点以上に及ぶ SCHUNK のグリッパーは、市場で最も幅広い標準グリッピング製品レンジとなっています。グリッパーシステム プログラム全体で、4,000 点以上のコンポーネントが含まれています。SCHUNK はここ数年、ポートフォリオのデジタル化を推進してきました。

ユーザーがプロセスを効率的、透過的、経済的な計画が立てられるようにします。また、自動化が適用できる革新的な応用分野に焦点を当て、一貫して成長を続けている包括的な SCHUNK の応用知識からも恩恵を受けています。主要取引先には、組み立て、ハンドリングおよび切削加工プロセスを行う製造会社が含まれます。SCHUNK の顧客には、機械工学、ロボット工学、オートメーション、組立とハンドリング、さらにあらゆる有名自動車ブランドとそのサプライヤーも含まれています。

SCHUNK の概要

創立者

名匠
Friedrich Schunk(1912-1998)

執行役員

ヘンリック・A・シュンク
クリスティーナ・I・シュンク

機器製造事業会社

市場ポジショニング

グリッピングシステムとクランピングテクノロジーの世界的コンピテンスリーダーであり、ロボットと生産技術設備の No.1 サプライヤー

ブランド大使の数

3,500

製品展開

世界最大の製品展開、11,000 点以上の標準部品を使用したグリッパーシステムとクランピング技術

研究開発投資

年間売上高の 7.9%

世界中の生産プラント

9

世界に子会社を展開

34

ブランドパフォーマンス

2015 年の「German Hidden Champions」50 社中で 11 位にランク

詳細

顧客

大規模および中規模企業。自動車、機械製造、ロボット工学、組立とハンドリング、航空、金属切削産業 をはじめ多岐にわたる分野に展開。